更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



column 2015.7.10
 
Rトピックス
古い団地で、自由で新しい住み方
西村周治(神戸R不動産/Lusie inc.)
 

空室の目立つ民間の団地で、ひそかに新たな動きが起こっています!

改装された団地の1室(グリーンハイツ松本)。

神戸以西の郊外のエリアで増える民間の団地の空き

団地の定義はいろいろ解釈があるのですが、皆さんが想像する団地とは、以下写真のような5階建て程度の直方体でエレベーターのない階段室の建物ではないでしょうか?

典型的な団地の形。

このような団地は今から4-50年前、とにかく住宅が足りなかった時代に、一斉にニョキニョキと全国各地に建てられました。
そして現在、神戸以西の郊外のエリアで特に、民間の団地の空きが増えてきています。
さらなる人口減少に、空き家率が上昇していく中で、民間の団地のオーナーが、改装費用をかけても、借り主が決まらない状況で回収できる見込みがないため、空き家のまま放置されている建物が多くあります。
そんなどうにもならない状況で空室の物件が増える中、その状況を変えていこうと賃貸の団地で新たな取組みが行われています。

「フロッグハウス」清水大介さん(左)とスタッフ笹倉さん。

オーナーにとっても借主にとっても良い「団地リノベーション」を

写真の清水さんは団地に生まれ育ち、団地に愛着がありました。
市街地に出ていく若者が増え、居住者の高齢化もあり、空室率がどんどん上がっていく郊外の団地は、ありきたりな改装だけでは入居者が決まらない状況でした。
そんな状況を変えたいと、団地リノベーションの提案を行ってきました。

コーポラスはりま西I棟。

播磨町にある築40年を超える、コーポラスはりま西I棟。
ここではオーナーと一緒に、全体の改修だけでなく部屋の1室を入居者の好みに改装して貸し出すことを試みました。

コーポラスはりま西の1室。

ビニールクロスを貼り替えて表層をただ綺麗にした、誰のための改装なのかよくわからない仕上げではなくて、借り主のためにオンリーワンの改装を提供する。オーナーにとっても借主にとっても良い取り組みを、オーナーと一緒に進めていきました。
入居者さんが自由にして良い壁「フリーウォール」や、設計段階から入居者の希望を取り入れた土間仕上げの仕事部屋、入居後にも自作の棚や洋服掛けなどが並び、どんどんカスタマイズされて進化しているようです。
明石高専の学生も地元の職人の指導のもと塗装のワークショップに参加しました。

学生さんとのワークショップ形式の塗装風景。

建物の改装が終わってもそれで終わりでなく……

また昨年末には、オーナーさんの主催で団地内にて朝市が行われました。

朝市ほっこりマーケット。この団地には、無料で菜園が使える庭や共有のスペースもあります。

敷地内菜園。

建物の改装が終わってもそれで終わりでなく、室内は入居者が改装を、外では近所の人々が持ち寄りでイベントを行っている。
入居者やオーナー、近所の人が企画段階から関わることで、建物に対してみんなが愛着を持てる。日々進化していく建物に、団地の未来を感じました。

空室率30%超えだった、神戸市垂水区の団地

また他にも、清水さんが取り組んでいる進行中の団地があります。
空室率30%超えで長年空き家のままだった、神戸市垂水区の団地、グリーンハイツ松本。

グリーンハイツ松本。

構造躯体はしっかりしているので、まだまだ現役で使っていける建物ではあるものの、オーナーは空室が続く状況で、普通に改装しても決まらない状況に困っていました。そこにフロッグハウスの清水さんが、オーナーに直談判をして家賃保証をするので、予算枠の中でリノベーションさせてほしいと提案しました。
清水さんも事務所兼ショールームとして1室借りることを条件に、工事が始まりました。

天井を解体すると、想像以上に高かった。

複数あった和室を解体して大きなLDKに。さらに天井も解体すると3m近い天井高さになりました。天井面は荒いコンクリートの状態をそのままに残し、入居者さんが自由に改装して良い壁をつくり、未完成の状態で入居者へ渡し、DIYもできる物件となりました。

完成した部屋は、随時賃貸で募集中。

グリーンハイツ松本は、まだ他に改装前の状態の部屋もありますが、複数空き室もあるので、お好み通りに改装をしてもらって、さらに自分でもDIYできるなんてことも、現地で相談に乗っていただけます。

一部屋は事務所兼ショールームとして、清水さん自身が入居していますが、ご興味のある方はお問い合せください。

■オープンハウス情報

下記日程でオープンハウスも開催します。

日程:
2015年7月11日(土) 10:00~16:00
2015年8月7日(金・夜) 17:00~20:00
2015年9月13日(日) 10:00~16:00

住所:神戸市垂水区名谷町1011-1 グリーンハイツ松本402・403号

バスでのアクセス:
JR垂水駅 東口
11系統「学園都市駅前行き」「堀割」下車 徒歩6分
12・13系統「名谷駅行き」「堀割」下車 徒歩6分
*駐車場は数台あります。事前にご連絡いただき係の指示に従い駐車してください。
近隣のご迷惑になる場所への駐車はご遠慮願います。

連絡先:株式会社フロッグハウス (TEL:078-945-7176)

連載記事一覧
 
おすすめコラム
 
カテゴリホーム
コラムカテゴリー
 
特徴 フリーワード
フリーワード検索
関連サービス
 
メールサービス
 
SNS
 
関連コンテンツ
 
reallocal神戸

EAT LOCAL KOBE
R不動産の本
 
公共R不動産のプロジェクトスタディ

公共R不動産の
プロジェクトスタディ

公民連携のしくみとデザイン




公共R不動産のプロジェクトスタディ

CREATIVE LOCAL
エリアリノベーション海外編

衰退の先のクリエイティブな風景




団地のはなし 〜彼女と団地の8つの物語〜

団地のはなし
〜彼女と団地の8つの物語〜

今を時めく女性たちが描く




エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ

エリアリノベーション:
変化の構造とローカライズ

新たなエリア形成手法を探る




PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた

PUBLIC DESIGN
新しい公共空間のつくりかた

資本主義の新しい姿を見つける




[団地を楽しむ教科書] 暮らしと。

[団地を楽しむ教科書]
暮らしと。

求めていた風景がここにあった




全国のR不動産

全国のR不動産:面白く
ローカルに住むためのガイド

住み方も働き方ももっと自由に




RePUBLIC 公共空間のリノベーション

RePUBLIC
公共空間のリノベーション

退屈な空間をわくわくする場所に






toolbox 家を編集するために

家づくりのアイデアカタログ






団地に住もう! 東京R不動産

団地の今と未来を楽しむヒント






だから、僕らはこの働き方を選
んだ 東京R不動産のフリーエー
ジェント・スタイル






都市をリノベーション

再生の鍵となる3つの手法






東京R不動産(文庫版)

物件と人が生み出すストーリー






東京R不動産2
(realtokyoestate)

7年分のエピソードを凝縮






「新しい郊外」の家
(RELAX REAL ESTATE LIBRARY)

房総の海辺で二拠点居住実験






東京R不動産

物件と人が生み出すストーリー






POST‐OFFICE―
ワークスペース改造計画

働き方の既成概念を変える本