更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • 目覚めのパノラマ (神戸市中央区北野町の物件) - 神戸R不動産
    朝目が覚めるとベッドルームからこの眺め
  • リビングからは山や北野のレトロな町並み
    リビングからは山や北野のレトロな町並み
  • リビングのマウンテンビュー
    リビングのマウンテンビュー
  • ここに住むといつも窓際に居座りそう
    ここに住むといつも窓際に居座りそう
  • ゆったり広くて何でも置けちゃうリビングダイニング
    ゆったり広くて何でも置けちゃうリビングダイニング
  • バルコニーからの眺望
    バルコニーからの眺望
  • バルコニーからの眺望
    バルコニーからの眺望
  • ベッドルームから街並みを切り取る景色
    ベッドルームから街並みを切り取る景色
  • リビング並みに広くて開放感抜群のベッドルーム
    リビング並みに広くて開放感抜群のベッドルーム
  • ベッドルームは収納もしっかり確保
    ベッドルームは収納もしっかり確保
  • リビングから山
    リビングから山
  • リビングから遠くの三宮の都市群まで望む
    リビングから遠くの三宮の都市群まで望む
  • 広ーいリビング
    広ーいリビング
  • 一面だけ素材感のある土壁
    一面だけ素材感のある土壁
  • 広くて使い勝手の良さそうなキッチン
    広くて使い勝手の良さそうなキッチン
  • キッチン
    キッチン
  • 風呂・洗面・トイレは一体型だけど真っさらで清潔感あり
    風呂・洗面・トイレは一体型だけど真っさらで清潔感あり
  • 洗面台
    洗面台
  • 風呂
    風呂
  • 洗濯機置場は屋外だけどこのビュー
    洗濯機置場は屋外だけどこのビュー
  • 部屋を出ると、天窓から柔らかな光が差し込む
    部屋を出ると、天窓から柔らかな光が差し込む
  • 共用廊下
    共用廊下
  • エントランス
    エントランス
  • エントランス
    エントランス
  • 外観
    外観
  • 外観
    外観

朝目が覚めるとベッドルームからこの眺め

rent     住宅 オフィス
目覚めのパノラマ
 
賃料:
11万5,000円
面積:
75㎡
  
所在地: 神戸市中央区北野町
交通: 各線「三宮」駅 徒歩15分
共益費: 10,000円
敷金: 100,000円  礼金: 200,000円

朝目が覚めるとパノラマが広がっている幸福感。この家に住んだら朝起きるのが苦手な僕も億劫にならないんじゃないかな。


しかもベッドルームがやたらと広い。75平米でリビングとベッドルームだけの1LDKという贅沢な間取り。キングサイズのベッドでも余裕で置けちゃいます。


都会の喧騒から少し距離を置いて、眼下に市街地を見下ろす風景。北野の山麓から吹く風が気持ちいい。


駅前の繁華街から少し坂を登って、北野エリアの閑静な住宅街にあります。外国人居住向けのマンションとして建築され、今もまだ残された希少なマンション。今回全面リフォームで内装を一新。水回りも全て真っさら。


ベッドルームから遠くまで抜ける眺め。バルコニーに、プランターと緑を置いて、休日はのんびりテラスで読書、と空想が広がります。なんといってもその景色が良いので、インドアな生活を楽しんでいただけます。


玄関入ってすぐ現れるリビングは、山が見えてゆったり広々なんでも置けちゃいます。


日中は室内へサンサンと日差しが入ってくる環境。ゆったり一人暮らしやカップル、小さなお子様のいるご家族にもオススメ。


トイレ洗面は浴室内にある、北野に多い外国人マンションタイプの一体型。洗濯機は室外となり、バルコニーに設置する必要があるけどここからも山が見えて爽快。


5階まで階段ですが、登っただけあって得られる眺望はgood。角部屋南と東側に窓があり、東に山、南には海まで続く市街地の風景にグッとくる物件です。


  
  
  
  
  
  
  
>>大きな地図で見る 

賃料 11万5,000円 専有面積 75㎡
敷金  100,000円 礼金 200,000円
償却 なし 共益費  10,000円
所在地 神戸市中央区北野町
交通 各線「三宮」駅 徒歩15分
建物構造 鉄筋コンクリート造5階建て 所在階 5階
築年 1971年 取引態様 媒介
設備 都市ガス/電気/公営水道/CATV設備/給湯/エアコン
備考 ペット可/エレベーターなし/家賃保証会社要加入/要火災保険契約
情報修正日時 2020年6月26日 情報更新予定日 2020年7月25日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。