更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



物件詳細情報
 

  • 料亭の跡地で -住居・事業可- (加古川市上荘町の物件) - 神戸R不動産
    大広間と南庭。よくぞこの風景を残してくれました。
  • 外堀。圧巻の一言。
    外堀。圧巻の一言。
  • 釘を一本も使わず、直径2m近い大木から4本しか取れないという四方柾の床柱で建てられた大広間。
    釘を一本も使わず、直径2m近い大木から4本しか取れないという四方柾の床柱で建てられた大広間。
  • 大広間の広々した縁。波打ちや気泡のない大正ガラスの迫力。
    大広間の広々した縁。波打ちや気泡のない大正ガラスの迫力。
  • 大広間からの北庭は厳かな雰囲気。
    大広間からの北庭は厳かな雰囲気。
  • 庭石は加古川が蛇流していた頃の自然石だとか。
    庭石は加古川が蛇流していた頃の自然石だとか。
  • 庭から主屋を望む。美しい連窓の風景。
    庭から主屋を望む。美しい連窓の風景。
  • 池のある大広間の南庭ゲートにワクワク。
    池のある大広間の南庭ゲートにワクワク。
  • 玄関口。旅人の気分でなんだかホッとしました。
    玄関口。旅人の気分でなんだかホッとしました。
  • 主屋玄関ホール。待合室として使われていたのだろう。
    主屋玄関ホール。待合室として使われていたのだろう。
  • 1階店舗カウンター。当時の空気感そのまま。
    1階店舗カウンター。当時の空気感そのまま。
  • 厨房機器は業務用で稼働に動力が必要なものもあるので注意。
    厨房機器は業務用で稼働に動力が必要なものもあるので注意。
  • 明石城藩主、松平家の茶室を移築した明石の間。
    明石城藩主、松平家の茶室を移築した明石の間。
  • 主屋の和室。障子越しの庭をボーッと眺めてしまう。
    主屋の和室。障子越しの庭をボーッと眺めてしまう。
  • 主屋の2階。木造の趣。
    主屋の2階。木造の趣。
  • こんな建具も現役。
    こんな建具も現役。
  • 主屋2階寝室は改装されて清潔感アリ。
    主屋2階寝室は改装されて清潔感アリ。
  • 渡り廊下。窓の形がしびれます。
    渡り廊下。窓の形がしびれます。
  • 透明ガラスに切り取られる借景に見惚れる。
    透明ガラスに切り取られる借景に見惚れる。

大広間と南庭。よくぞこの風景を残してくれました。

rent     住宅 オフィス その他・店舗
料亭の跡地で -住居・事業可-
 
賃料:
30万円
面積:
672.21㎡
     
所在地: 加古川市上荘町
交通: 東播磨南北道路「八幡稲美IC」より 2.1㎞
管理費: なし
敷金: 500,000円  礼金: 500,000円

1800年頃(江戸時代)、綿花栽培で豪農となった地主の9代目が大正7年に京都の茶人による設計で建てた別宅。当時、経済難、気候不順が重なって農民の生活が苦しくなったことを受け、その救済事業として村人に仕事を与えるために建てられたという本建物は、当時の村民を総動員し、完成に7年もの歳月を要したそうだ。


材料は大阪より厳選したものを馬車で連ねて運び、届いたものの中からさらにより良いものだけを用いたとか。


広間は釘を一本も使わず、直径2m近い大木から4本しか取れないという四方柾の床柱で支えられ、気泡や波打ちが無い大正ガラスを使用して建てられています。


明石の間は、明石城藩主・松平家の茶室を移築したもので、その細やかな作りは今では再現不可能だとか。


また、裏庭の石は加古川が蛇流していた頃の自然石が使用されています。


車で神戸市街地から50分程、大阪市街地から70分程の距離感であることを考えると、住居としてのポテンシャルはもちろん、住みながらこじんまりとおもてなしの商売をしたい方などにもピッタリではないかと。


入居中はオーナーが庭のメンテナンスをしてくれるので、この手の物件で懸念される維持管理負担が無いのはかなり嬉しい点かも(メンテナンス頻度はオーナーにお任せとなるのでご注意を。また、事業利用により借主で庭を改修したい場合はこの限りではありません)。


注意点がいくつか。一つ目に、建物西端の茶室(建物面積に含む)は雨漏れに伴う屋根の補修は済んでいますが、雨漏れによる内装劣化は現状のまま引渡しとなるため、物置程度の使用のみ相談可となります。


二つ目に、写真はありませんが木の浴槽が据えてある浴室があり、現在は給湯が故障して使用できません。住居として使用頂く場合に限り、引渡し迄にオーナーが浴室給湯を整備します。


三つ目に、キッチンは旧料亭の厨房をお使い頂く形となり、コンロなどガス器具はお使い頂けますが業務用冷蔵庫など電気の動力契約を必要とする設備が一部ございます。それらを使用する場合は住居用の電気契約(電灯)と異なるため、電気料金が大幅にUPする可能性があります。


四つ目に、排水は浄化槽を利用するため、その維持管理に年額14万円程費用負担が発生します。


尚、事業をお考えの方は事前にご利用用途を確認させて頂きます。


いろいろクリアしないといけない点はあるし、完璧な建物とは到底言えません。でも、それらを上回る空気感に打ちのめされること必至の建物です。



*北側離れの棟と蔵は非賃貸スペース(上記建物面積には含んでおりません)。

*事業用契約(店舗、事務所等)の場合、賃料、礼金に別途消費税要。

*事業用途は事前に要確認。業態によっては敷金、礼金が変動する可能性があります。


  
  
  
  
   
>>大きな地図で見る 

賃料 30万円 建物面積 672.21㎡
敷金  500,000円 礼金 500,000円
償却 なし 管理費  なし
所在地 加古川市上荘町
交通 東播磨南北道路「八幡稲美IC」より 2.1㎞
建物構造 木造/瓦・鋼板葺2階建て 所在階
築年 1918年 取引態様 媒介
設備 電気/プロパンガス/給水/浄化槽(維持管理費要:約140,000円/年)/給湯(キッチンのみ)
備考 事業用途は業態審査アリ/茶室(1F西端)は物置利用のみ相談可/北側の離れ棟と蔵は非賃貸スペース/庭の維持管理は貸主が行います/家具・荷物・備品等の動産類は引渡し迄に貸主により撤去/現状有姿取引/事業用契約(店舗・事務所等)→賃料・礼金に別途消費税要/指定家賃保証会社加入要/火災保険加入要/敷地内駐車場有(2〜3台分/事業用で更に必要な場合は別途相談可)/現況:空室/引渡:相談/要火災保険契約
情報修正日時 2020年5月29日 情報更新予定日 2020年10月10日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。