更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 江戸の商家を継ぐ (三木市府内町の物件) - 神戸R不動産
    入母屋造の大屋根が残る江戸の商家をどう継ぐ?
  • 北面(湯の山街道側)から。平成前期に改修したと思われる二階外壁は土壁中塗
    北面(湯の山街道側)から。平成前期に改修したと思われる二階外壁は土壁中塗
  • 主屋の南側に建てられた店舗・倉庫は昭和49年築の鉄骨造
    主屋の南側に建てられた店舗・倉庫は昭和49年築の鉄骨造
  • 大正時代後期から昭和初期の改装と推察される台所のカマド痕
    大正時代後期から昭和初期の改装と推察される台所のカマド痕
  • 奥ミセとしてお多福が飾られ、人形や結納品が展示販売されていたという南西洋室
    奥ミセとしてお多福が飾られ、人形や結納品が展示販売されていたという南西洋室
  • 昭和30年頃の改装と推察される1階店舗。奥の丸柱から先(東側)は増床されて一面開口
    昭和30年頃の改装と推察される1階店舗。奥の丸柱から先(東側)は増床されて一面開口
  • 1階店舗。奥の北側面は元々店舗入口で、一面ガラスショーウィンドウ
    1階店舗。奥の北側面は元々店舗入口で、一面ガラスショーウィンドウ
  • 古材が放つ存在感に圧倒されます
    古材が放つ存在感に圧倒されます
  • ゆったりした広縁
    ゆったりした広縁
  • ガラス付の障子欄間の影に魅せられる
    ガラス付の障子欄間の影に魅せられる
  • 長い通り土間に居間や神棚の間が面する
    長い通り土間に居間や神棚の間が面する
  • 欄間もユニークな造り
    欄間もユニークな造り
  • 通り土間の上部は吹抜。煙出し越屋根の明かりが見えるのだ
    通り土間の上部は吹抜。煙出し越屋根の明かりが見えるのだ
  • 2階東側物置。写真で分からないがすす竹の野地が顕しで、滑車が残る
    2階東側物置。写真で分からないがすす竹の野地が顕しで、滑車が残る
  • 昭和中期頃の改装と推察される2階西側の畳間は竿縁天井。奥に板間の物置がある
    昭和中期頃の改装と推察される2階西側の畳間は竿縁天井。奥に板間の物置がある
  • 北側外壁の足元に石彫りの文字
    北側外壁の足元に石彫りの文字
  • 敷地南側の鉄骨棟1階の倉庫部分
    敷地南側の鉄骨棟1階の倉庫部分
  • 敷地南側の鉄骨棟1階の事務所跡は旧郵便局
    敷地南側の鉄骨棟1階の事務所跡は旧郵便局
  • 内蔵と塀の向こうには広縁から見渡せる前栽がある
    内蔵と塀の向こうには広縁から見渡せる前栽がある

*現況と間取り図が異なる場合、現況を優先とする。

sale     住宅 オフィス その他・店舗
江戸の商家を継ぐ
 
価格:
2,000万円
面積:
215.43㎡(建物)
345.52㎡(敷地)
  
所在地: 三木市府内町
交通: 神戸電鉄粟生線「三木上の丸駅」 徒歩5分/神戸電鉄粟生線「三木駅」 徒歩11分
管理費: なし
修繕積立金: なし

江戸時代末期から商家の姿を残し、お寺のような入母屋造と本瓦葺の大屋根、越屋根が珍しい地元のシンボリックな建物。これを今の時代に合った使い方で継いで下さる方を募集します。


ただあまり時間がなく、一定期間を過ぎると解体される運命にあるのです。


建物自体は長い年月を経て増築、減築、内外装リフォームなどを繰り返し、敷地内には主屋に加えて別棟で鉄骨造の店舗・倉庫、内蔵、井戸もあります。


建物の歴史的な背景や改修履歴は写真の注釈をご参照頂くとして、ここではどうやってこの建物を残していくかに絞り、話を進めていけたらと思います。


「山田錦の産地」「金物のまち」として栄えてきた三木市の中で、本物件は有馬経由大坂の「湯の山街道」に面しており、沿道には風情のある古民家が少なからず存在しますが、現状は人通りも少なく、それらの建物も活用されずにいます。


なので、本物件が起点となり、エリアが変わっていくことを期待しています。


本物件の魅力は、主たる建物2棟を含むスケール感、車通りの多い県道と湯の山街道に面するロケーションの良さ、敷地内駐車場を確保できるところです。なので、建物を残していくにはそれらの魅力を総動員して考えていく必要があると考えます。


たとえば、エリアの魅力を発信するインフォメーションセンター的な役割を果たすカフェ等飲食店併設のゲストハウスを古民家側で運営し、横の鉄骨造の建物に住みながら一部をアトリエや地元の作家さんの作品などを販売するスペースにするなど、建物全体の役割を分けて考えていけば、全体として金銭的なハードルも超えていけるように思います。また結果としてこの場所が複合施設的な存在感を放てば、エリアを変える大きな力になるのではないでしょうか。


ちなみに写真はないですが、徒歩5分の「三木上の丸駅」の山手側は散策するのも楽しいエリアで、三木城跡とその周辺には金物資料館、堀光美術館、雲龍寺や大宮八幡宮、そこから三木駅の方向に向かって参道がのびていて、途中に温泉やお食事処もあります。古民家以外にもレトロで可愛らしい建物やそれらを使ったお店もチラホラ存在するのです。なので、町をコンテンツとしたゲストハウスにもピッタリなロケーション。


新開地から三木駅は電車で約50分前後の距離。一方、三木市から神戸市中央区へはバスで通勤する人も多いと聞きます。つまり、神戸市内とも結びつきの強いエリア。


三木市外へ転出する若者が多いと聞きますが、外部の人間である僕の目から見ると、町のコンテンツが充実しているので十分魅力的な町歩き、暮らしが楽しめる可能性を秘めたエリアという印象です。


そんなわけで、「我こそは!」と先陣を切ってくださる方を募集します。サポートして下さる方もご紹介しますよ。


  
  
  
  
   
>>大きな地図で見る 

価格 2,000万円 建物面積 215.43㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 三木市府内町
交通 神戸電鉄粟生線「三木上の丸駅」 徒歩5分
神戸電鉄粟生線「三木駅」 徒歩11分
建物構造 木造/瓦葺平家建1階建て 所在階
築年 (推定)江戸時代末期年 土地権利 所有権
敷地面積 345.52㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 近隣商業地域 建蔽率/容積率 80%/200%
その他費用 取引態様 媒介
設備 電気/ガス/上・下水道/井戸
備考 地目:宅地/現況:空室/引渡時期:相談/種類:店舗兼居宅/別棟アリ(種類:店舗・倉庫、構造:鉄骨造陸屋根2階建、床面積:1階 61.32㎡/2階 104.57㎡、新築年月日:昭和49年11月20日)/附属建物アリ(種類:倉庫、構造:土蔵造瓦葺平家建、床面積6.61㎡、新築年月日:不詳)/接道条件:北・東・南側道路に接面(三方角地)/現状有姿取引/売主瑕疵担保免責(土地・建物)/公簿取引/境界非明示取引/ペット可
情報修正日時 2019年8月28日 情報更新予定日 2019年12月6日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。