更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 愛嬌のある小さな平屋 (神戸市東灘区森北町の物件) - 神戸R不動産
    阪神間では希少な平屋のモダニズム建築
  • 端正な造りは健在
    端正な造りは健在
  • 床は抜け落ちそうです
    床は抜け落ちそうです
  • 庭はウッドデッキにしたり畑もできそう
    庭はウッドデッキにしたり畑もできそう
  • 風情のある細い路地坂のアプローチの先に本物件
    風情のある細い路地坂のアプローチの先に本物件
  • 丁寧な設え
    丁寧な設え
  • この建具はそのまま活かしたい
    この建具はそのまま活かしたい
  • コンパクトなキッチンスペースは板の間
    コンパクトなキッチンスペースは板の間
  • 3畳ほどの小さな和室
    3畳ほどの小さな和室
  • 玄関
    玄関
  • 味のある建具
    味のある建具
  • 風呂
    風呂
  • 縁側
    縁側
  • 縁側から庭に繋がる
    縁側から庭に繋がる
  • ウッドデッキにしたり畑もできそうな庭
    ウッドデッキにしたり畑もできそうな庭
  • 裏口も趣あります
    裏口も趣あります
  • 建物裏側
    建物裏側
  • 焼き杉の外壁
    焼き杉の外壁
  • 竹の格子も味があります
    竹の格子も味があります
  • アプローチも植栽でいっぱいにしたい
    アプローチも植栽でいっぱいにしたい
  • この門扉、劣化してるけど味があります
    この門扉、劣化してるけど味があります
  • この石垣の階段の先に本物件
    この石垣の階段の先に本物件

阪神間では希少な平屋のモダニズム建築

sale     住宅
愛嬌のある小さな平屋
 
価格:
2,480万円
面積:
44.39㎡(建物)
267.14㎡(敷地)
   
所在地: 神戸市東灘区森北町
交通: JR東海道本線「甲南山手」駅 徒歩5分/阪急神戸線「芦屋川」駅 徒歩12分
管理費: なし
修繕積立金: なし

【再募集となりました!】


戸建が建ち並ぶ森北町の閑静な住宅街に、ひときわ異彩を放つレトロな平屋を発見!


立派な石垣の緑が生い茂る細い路地坂のアプローチの先に、なんとも愛らしい築年不詳のノスタルジックな建物。しかもバーベキューができるほどの庭付き。


建物の中に入ると、端正な造りはそのまま健在。下手に改修などされずに、建築当時の趣そのままの古家が残っているとはもはや奇跡。木製建具や焼き杉の板張りの外壁も見事。


正直かなり古さや傷み、劣化があり、一部床が抜けていたり、雨漏りもしているので屋根の葺き替えも必須。改修して化けるポテンシャルは十分ですが、改修費は最低限の補修と設備を整えて約1,000万〜でしょうか。フローリングに替えたり、増築や離れを新築、車庫を作るとなると更に費用は掛かりそうです。


壊れたら直す、調える。手入れをしながら住む。手をかければかけるほど愛しさは増す。今までの住人たちも、家に手を入れながら大切に住み継いできたのだろうな。


しかしこの物件は現在土地として売買募集されています。このままでは壊されて新築戸建てに建て替えられる運命。この家が過ごしてきたであろう長い年月につい思いを馳せてしまいました。


南側(縁側の方)に5畳ほどの和室が二間。北側に3畳ほどのコンパクトなキッチン、5畳と3畳くらいの和室が2部屋の45平米ほどの小さな平屋。そんなに広くないので、ミニマルな暮らしをしたい方にオススメです。


庭はウッドデッキを作ったり、小さな畑をすることもできそう。増築もできるかもしれません。甲南山手駅からもほど近い所にありますが、環境がいいので、家は少し狭めですが子育てにもぴったり。


大切に住み継いでくださる方が見つかりますように。


  
  
  
  
  
   
>>大きな地図で見る 

価格 2,480万円 建物面積 44.39㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 神戸市東灘区森北町
交通 JR東海道本線「甲南山手」駅 徒歩5分
阪急神戸線「芦屋川」駅 徒歩12分
建物構造 木造1階建て 所在階
築年   土地権利 所有権
敷地面積 267.14㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用地域 建蔽率/容積率 60%/150%
その他費用 取引態様 媒介
設備 上下水道/都市ガス
備考 現況:空室/引渡時期:即可/現況有姿/瑕疵担保免責/現状車庫なし/本物件前近隣駐車場空きあり月額1万3,000円
情報修正日時 2019年7月5日 情報更新予定日 2019年8月4日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。