更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 山に溶け込むような建物計画
  • 暖炉のあるリビングは伝統工法の日本家屋を思わせる構造材
  • 障子からやわらかい光が射し込む
  • 和洋折衷な暮らし
  • キッチン。森の借景
  • 山小屋のような
  • 遠くまで空が抜ける
  • 山の中を感じるロケーション
  • アプローチも山の散策を思わせる
  • こちらもアプローチ
  • 洗面・トイレも形や素材がユニーク
  • 五右衛門風呂を彷彿とさせる

山に溶け込むような建物計画

sale     住宅 オフィス
森の住人
 
価格:
1億1,000万円
面積:
330.82㎡(建物)
956.05㎡(敷地)
      
所在地: 西宮市甲陽園目神山町
交通: 阪急電鉄甲陽線「甲陽園駅」 徒歩17分
管理費: なし
修繕積立金: なし

最近また妙に魅かれる石井修さんの建築。


住処、居場所をどこに構えるか考える際、建物のデザインも大事だけど、ある意味では土地のロケーションがすべてと言っても過言ではない。


そんな考えを建築に落としこんだ石井修さんの作品に身をおくと、「やっぱりそうなのかな」と腹に落ちる感覚がある。


建物デザインも写真の通り素晴らしいのですが、土地のポテンシャルを最大限引き出す建物計画に重きをおいている点は、やはり異色と言えます。


導線の物語性、内外が緩やかに繋がる空間構成。いつも発見があり、変化が感じられるような、そんな飽きのこない建築を一方で目指していたのではないかと思います。


圧巻は、伝統工法の古民家を踏襲したようなリビング大空間。日本人の営みを尊重しながら、それを進化させた暮らしの提案が含まれています。


冬は下界より少し寒いけど、むしろ暖炉のある冬が待ち遠しくなる家。


都会に近い山暮らしの拠点やアトリエなど創作活動の拠点として刺激の多い場所となる気がします。


  
  
   
>>大きな地図で見る 

価格 1億1,000万円 建物面積 330.82㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 西宮市甲陽園目神山町
交通 阪急電鉄甲陽線「甲陽園駅」 徒歩17分
建物構造 鉄筋コンクリート造・木造鋼板葺3階建て 所在階
築年 1991年 土地権利 所有権
敷地面積 956.05㎡ 都市計画 市街化区域
用途地域 第一種低層住居専用地域 建蔽率/容積率 30%/80%
その他費用 取引態様 媒介
設備 公営水道/本下水/プロパンガス/電気
備考 地目:宅地・山林/現況:空室/引渡時期:相談/目神山の家(建築家:石井修氏設計)/屋上庭園アリ/敷地内駐車場:約4台分/所附属建物:エレベーター室(鉄筋コンクリート造鋼板葺3階建、約10.88㎡)/接道条件:南西側幅員約8mの公道に約31m接面、東側幅員約6.2mの公道に約15m接面/第一種高度地区/第二種風致地区/宅地造成等規制区域/現状有姿取引/売主瑕疵担保免責/ペット可
情報修正日時 2018年8月8日 情報更新予定日 2018年10月5日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。