更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 時が止まったような手つかずの質感に惹かれる(22号室)
  • タイルが目を引くレトロビル
  • つい入りたくなる愛らしい裏口
  • 裏口1階には個性的な古着屋が入居中。エキゾチックな雰囲気が漂う。
  • 1人や2人にちょうどいい小ぶりでレトロな部屋(32号室)
  • 22号室
  • 22号室
  • 22号室の味のある床
  • サッシなどレトロな質感は健在。天井はぶち抜いてむき出しにしたい。(21号室)
  • レトロな質感そのままに天井はぶち抜いて照明を変えたい(21号室)
  • 32号室
  • 味のある共用廊下のドアや木の手すり
  • レトロなサッシ
  • ドア
  • 換気小窓と表示プレートが小粋
  • 給湯室も昭和レトロ
  • 懐かしい学校のような給湯室
  • トイレのドア ※注意書:扉をお閉めになる時はドアノブを回しながらゆっくりと静かにお閉めください。大きな音は仕事中の店子様にご迷惑になりますので。よろしくお願いいたします。大島ビル
  • トイレ
  • トイレ
  • 味のある木の手すりの共用階段
  • 共用廊下
  • 階段味のある木の手すりの共用階段
  • もはやアンティーク。サビがいい感じのポスト。
  • 正面入り口
  • レトロタイルにこの字体
  • 正面外観
  • 裏側外観

時が止まったような手つかずの質感に惹かれる(22号室)

rent     オフィス その他・店舗
記憶と面影
 
賃料:
4万3,200円~9万7,200円 (税込)
面積:
14.5㎡~40㎡
 
所在地: 神戸市中央区海岸通
交通: JR東海道本線「元町」駅 徒歩6分/地下鉄海岸線「みなと元町」駅 徒歩3分
共益費: 6,804円(税込)
敷金: 3ヶ月  礼金: 2ヶ月

昭和初期には多くの海運業者がこの辺りに事務所を構え、今でもその名残を留めレトロな建物が多く建ち並ぶ栄町・海岸通エリア。


個性的な雑貨屋やアパレル、カフェなどがひしめきあい、もはや定番のスポットだが、レトロな街並みにお店も街行く人も個性的で雰囲気もやっぱりいい。


そんな乙仲通りのメインストリートの中心部にあるレトロな雑居ビル。


まず目を引くのがこのタイル。「大島ビル」と書かれた字体もレトロでつい中が気になって入ってしまいました。


建物の中も建築当時の雰囲気そのまま健在。味のある木の手すりに重厚感のあるドアや表示プレートに換気小窓まで。どこか昔懐かしい学校のよう。


各部屋は、時が止まったような味のある質感がそのまま残る(改修必須、補修等費用負担要相談)22号室、サッシやムキ出しの配管などレトロな質感が残りながらも綺麗な21号室、1人や2人で使うのにちょうど良さそうな32号室の3部屋。


どの部屋も天井をぶち抜いて、足場板や古材を床に敷いてアンティークの照明や家具でも置けばグッと良くなりそうです。


店舗でも事務所でもどちらでも可。1階正面と2階にはアパレル、裏側には古着屋、その他建築のアトリエなどが入居中。


共用の給湯室やトイレ、ポストもレトロで愛着が湧きそうです。トイレのドアの開け閉めは大きな音を立てると、音が響いて他の店舗や事務所の方に迷惑を掛けるので優しくお閉めくださいとのこと。


個人的にはこのビルの裏口側の路地が、隠れ家っぽいエキゾチックな独特の雰囲気で特に好き。


乙仲通りのレトロビルで、はじめませんか?


32号室(内装そのままでも使えます)/約14.5平米/賃料43,200円/共益費6,804円/敷金1ヶ月/礼金2ヶ月


22号室(改装必須・費用負担、補修等要相談)/約38平米/賃料91,800円/共益費6,804円/敷金3ヶ月/礼金2ヶ月


21号室(内装そのままでも使えます)/約40平米/賃料97,200円/共益費6,804円/敷金3ヶ月/礼金2ヶ月


  
  
  
  
  
  
  
   
>>大きな地図で見る 

賃料 4万3,200円~9万7,200円(税込) 専有面積 14.5㎡~40㎡
敷金  3ヶ月 (32号室は1ヶ月) 礼金 2ヶ月
償却 なし 共益費  6,804円(税込)
所在地 神戸市中央区海岸通
交通 JR東海道本線「元町」駅 徒歩6分
地下鉄海岸線「みなと元町」駅 徒歩3分
建物構造 鉄筋コンクリート造4階建て 所在階 2階
築年 1963年 取引態様 媒介
設備 共用給湯室/共用トイレ/エレベーターなし
備考 保証会社要加入(初回総賃料×80%)/火災保険要契約/当ビル内を出入りできるのは午前8時〜午後22時頃まで
情報修正日時 2018年9月27日 情報更新予定日 2018年12月4日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。