更 新 情 報

全国のR不動産の最新情報


新着情報



グループサイト・更新情報



>>HEADLINEを見る



物件詳細情報
 

  • 大正6年築の建物群。母屋に納屋・蔵・井戸、さらに農地まで
  • 中庭を挟んで納屋
  • 井戸と蔵2棟
  • 農地の真ん中にポツンと
  • 家の前の農地から
  • 風格漂う玄関
  • 玄関入ると土間が続く
  • 土間から広間へ
  • 広間脇の和室
  • 奥のキッチン側。現実的にリフォームされてます
  • もう一つの中庭を望む西側広間
  • 北西奥の縁側付和室は室内から蔵へ出入りできる
  • 北西奥の和室。床の間の造りは見応えあります
  • 北西奥の中庭。縁からボンヤリ眺める
  • 母屋2階。隠れ家のようなスペース
  • 北東側中庭への出入口。ここにも土間が
  • 北東側の中庭はイベントにも使えそうな広さ
  • 蔵の中。木造の迫力
  • 蔵の2階
  • 中庭奥からの眺め。広いなぁ
  • 蔵棟。立派です
  • 水廻りが新しいのは嬉しいかも
  • 小便器に洗面台まで
  • トイレも清潔感アリ

大正6年築の建物群。母屋に納屋・蔵・井戸、さらに農地まで

sale     住宅 オフィス その他・店舗
宿り木のような
 
価格:
1,650万円
面積:
178.51㎡(建物)
1,259.96㎡(敷地)
   
所在地: 神戸市北区八多町上小名田
交通: 六甲北有料道路「吉尾」ランプ 1㎞
管理費: なし
修繕積立金: なし

どこまでも続く農地の真ん中に、ポツンと立派な塀に囲われた古民家が。推定大正6年築の母屋に、中庭を挟んで蔵・納屋・井戸、さらに隣接する農地のおまけ付。


三宮から車を走らせること約30分。あっというまに辿り着いた農村の風景にちょっと頭がクラクラしました。さっきまで見ていたビルや商業施設がまぼろしのよう。でも、この感覚を得られるのが神戸市北区の魅力だったりする。


六甲北有料道路「吉尾ランプ」が近所にあるので、六甲山の海手側エリアに車で通勤が可能。また、伊丹空港行きのバスが近くから出ているそうなので、農村に暮らしながら東京などへ出張で飛び回ることも現実味を帯びてくる。


暮らしながらここで何か始めたい方にもうってつけの建物群。イベントするのに十分な広さの部屋数と庭、腰掛けられそうな縁側など、人が集まるのにちょうどいいスペースが備わっている。外から中の様子が見えないのも嬉しい。


商売するには地元で里づくり計画を定める必要がありますが、飲食店や宿なんかにすれば、この空間に足を運びたいという方が現れそうな予感がする。


昔ながらの土間が残っていたりしますが、現実的にリフォームされている箇所も見受けられるので、自分好みにリフォームし直す、あるいは古材の構造材をムキ出しにして襖・障子を取っ払い、大空間で過ごすのもアリかと。


室内の雨漏れなどは特に発見していませんが、現状そのままでお引渡しとなりますので、その点はご注意ください。


周辺地域は開発が進んでおり、意外にも商業施設が充実。車なら買い物には困らないエリア。


あと、家の横に農地が付いてます。農業するには狭いですが、家庭菜園には十分な広さ。ちなみに、農地が家に隣接しているのは結構珍しかったりします。


都市生活者にとって、きっと”宿り木”のような存在となる古民家でしょう。



  
  
  
  
  
  
    
>>大きな地図で見る 

価格 1,650万円 建物面積 178.51㎡
管理費  なし 修繕積立金 なし
所在地 神戸市北区八多町上小名田
交通 六甲北有料道路「吉尾」ランプ 1㎞
建物構造 木造/瓦葺2階建て 所在階
築年 1917年 土地権利 所有権
敷地面積 1,259.96㎡ 都市計画 調整区域
用途地域   建蔽率/容積率 60%/100%
その他費用 取引態様 媒介
設備 電気/プロパンガス/上・下水/井戸(使用確認要)
備考 地目:宅地(903.96㎡)、田(356㎡)/現況:空室/引渡時期:相談/母屋178.51㎡の他、附属建物アリ(4棟/その他床面積計201.63㎡)/敷地内駐車スペース確保可/公簿取引/現状有姿取引/売主瑕疵担保免責(土地・建物)/境界非明示取引/人と自然の共生ゾーン(農業保全区域)/農用地区域(一部):農地の転用には農用地区域の除外等の手続き要/農地の所有権移転には農地法に基づく許可要/建替相談可(所定の手続きが必要です)/使用者制限ナシ/自治会費等要/神戸市民の住環境等をまもりそだてる条例/高度地区指定ナシ/防火指定ナシ/接道状況:南西側公道(法42条2項道路)に接面/南側公道に接面(建築基準法上の道路でない)/ペット可
情報修正日時 2018年2月11日 情報更新予定日 2018年5月7日
※掲載の情報が現状と異なる場合には、現状を優先するものとします。